Bloomberg原文)が、Appleは年内に3種類の新しいiPhoneの発売を予定しており、過去最大サイズのiPhoneと、現行のiPhone Xと同サイズで機能を改良したモデル、そしてiPhone Xの主要機能を一部備えた廉価版を発売すると伝えています。

コードネーム「D33」と呼ばれるiPhone Xの大型モデルは、プロトタイプのうちの1つは画面解像度が1242×2688ピクセルで、「iPhone 8 Plusとほぼ同じサイズになるようです。

また、コードネーム「D32」と呼ばれるiPhone Xの後継モデルは、より高価な有機ELディスプレイを採用する計画だと伝えています。


iPhone X

iPhone X

これらは「A12プロセッサ」を採用されると予想されるそうです。

iPhone Xの改良型モデルでは、生産上の問題から中止されたゴールドモデルを追加することが検討されているようです。

コストを抑えたiPhone Xの廉価版モデルは、iPhone 8のアルミ筐体と背面ガラスを採用した液晶ディスプレイモデルとなるようです。

また、E-SIMを搭載したモデルを投入することを検討していたそうですが、一部のキャリアが難色を示したため、E-SIMと通常SIMとのデュアルSIM仕様を妥協案として検討しているようです。



PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する