DJI Mavic Mini

DJI Mavic Mini

DJIが「FLYCAM」と位置付けた折りたたみ式フライカム「DJI Mavic Mini」を発表し、その発表会が行われました。

日本は航空法により、重量200g以上のドローンは「無人航空機」として様々な認可が必要となります。これは空の安全を担保するための仕組みですが、ドローンが一般化する障壁にもなっています。


DJI Mavic Mini

DJI Mavic Mini

そこで DJI社は200gを切る「模型航空機」に対応したモデルとして「DJI Mavic Mini」をリリースし、ドローンによる空撮を手軽なものにしようとしています。

DJI Mavic Miniは、Mavicシリーズらしくコンパクトに折りたためるデザインを踏襲していて、DJI Mavic Air と比較しても、更に1回り小さいサイズとなっています。


DJI Mavic mini

DJI Mavic mini

機首には3軸スタビライザに乗った1.2/3インチ 12 MP CMOS のカメラを搭載しています。

これはOsmo Pocketと同等スペックという事になります。


DJI FLY App

DJI FLY App

この機体を制御するために開発されたのが「DJI FLY」アプリ。

撮影をしながらDJI Mavic Miniが移動する「クイックショット」機能として、ドローン撮影で人気の高い

後退しながら上昇する「ドローニ」、真上に急上昇する「ロケット」、旋回する「サークル」、旋回しながら上昇する「ヘリックス」の4つを搭載しています。

これらの機能などを活用して撮影されたデータは、素早くSNSなどで共有が可能になっています。


DJI Mavic Mini

DJI Mavic Mini

これらの機能を備えた、Mavic Mini本体と送信機、バッテリ1本をセットにしたモデルは 46,200円。

Mavic Mini本体と送信機、バッテリ3本、2WAY 充電ハブ、キャリーバッグなどをセットにした「Fly More コンボ」は59,400円。

本日(2019年10月31日)より予約開始で、2019年11月中旬に出荷開始予定という事でした。


Mavic Mini 2WAY 充電ハブ

Mavic Mini 2WAY 充電ハブ

Fly More コンボに含まれる「Mavic Mini 2WAY 充電ハブ」はバッテリ3個を内蔵できるだけでなく、マイクロUSBケーブル経由でバッテリへの充電、更には USB Type-A の端子に iPhone などのスマートフォンを接続すると、それらのスマートフォンへの電力共有も可能になるという優れものです。


Mavic Mini インテリジェント フライトバッテリー (1100 mAh)

Mavic Mini インテリジェント フライトバッテリー (1100 mAh)

余談として、海外では250g規制をクリアした 249gの「Mavic mini」がリリースされています。

これと日本国内モデルの違いは「Mavic Mini インテリジェント フライトバッテリー (1100 mAh)」のバッテリ重量、すなわちバッテリ容量のみ。

基本的なハードウェア設計は同一だそうです。


DJI Mavic Mini

DJI Mavic Mini

ただし、海外のバッテリを装着する事については「安全機構が組み込まれているので動作しない」となるそうです。

なお、200g 以下のドローンは飛行させるための許可は不要ですが、国会や軍事施設、インフラ系施設の近くでの飛行や、飲酒状態での飛行操作などは禁止されています。

規制が緩いものの、規制が何もない訳では無いので注意が必要です。




PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する