HTC VIVEビジネスエディション

HTC VIVEビジネスエディション

第25回 3D&バーチャル リアリティ展において、アスクが、HTCのVRヘッドマウントディスプレイ「VIVEビジネスエディション」(16万円)を展示していました。

一般向けVR機器「VIVE」に、商用ライセンス、大量購入の対応、商用利用での保証を含めたモデルとなります。


HTC VIVEビジネスエディション

HTC VIVEビジネスエディション

このVR機器は、CPU性能は第 4 世代 Intel Core i5 プロセッサー以上ですが、GPUは実性能として、GeForce GTX 1070以上(Geekbench OpenCL Benchmarks:97670)、AMD Radeon RX 580以上(Geekbench OpenCL Benchmarks:131172)の性能が必要になるそうです。


CAVRNUS

CAVRNUS

ブースでは、1台のPCで4台のVRヘッドマウントディスプレイを運用できるマルチユーザーVRシステムを使用した「CAVRNUS」のデモが行われていました。

4台のVIVEを駆動するために、Quadro P6000が4基実装されたワークステーション「NVIDIA multi user VR system」が持ち込まれていました。

VRコンテンツよりも、VRヘッドマウントディスプレイを駆動するために、ハイエンドGPUが必要なんですね。




PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する