D810A

D810A

CP+2015において、ニコンイメージングジャパンが、本格的な天体撮影専用のニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「D810A」を展示していました。

D810をベースに、撮像素子前面の光学フィルター特性を変更し、約4倍のHα線透過率を持ったモデルです。

なお、一般撮影では赤みがかって適切な色再現にならないため、注意が必要だそうです。


D810A

D810A

天体撮影で使用頻度の高い30秒より長い露光時間設定時、ライブビューではシャッタースピードを30秒に設定したとき相当のプレビューを表示できるようになっています。


D810A

D810A

最長900秒まで対応する長時間露光マニュアルモード「M」が搭載され、ファインダー内の水準器表示は、Mモード時には赤く点灯しつづけ、星景撮影の水平出しが容易になるそうです。


レリーズモードをミラーアップに設定すると、電子先幕での撮影が可能になり、先幕の走行やミラー動作による機構ブレを抑え、特に月面撮影などに有効だそうです。




PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する