Jony Ive on the Apple Watch and Big Tech’s responsibilities

Jony Ive on the Apple Watch and Big Tech’s responsibilities

Financial Timesが、Jony Ive CDOへのインタビュー「Jony Ive on the Apple Watch and Big Tech’s responsibilities」(定期購読者向け)を公開しています。

Nicholas Foulkes記者が、デザインチームをApple Parkに集めたことで、セキュリティが向上し、情報漏れを防ぐことが理由だったのかと質問すると、Jony Ive CDOは巧みに話題を変えながら「遅かったということはありませんでした。時期は常にその時に決まっていました。9000人もの社員を率いているので、1日で行なうのは無理です。我々は最後のグループの一つです。何十年の歴史を持ち、初めに試作品をデザインし、制作したスタジをを離れるということを意味するので、意味することも多い大切なイベントです。ここが、スティーブが亡くなった日に私が戻ったスタジオなのです。こここそがiPhone やiPodが考案された場所です。」と述べたそうです。


一ヶ所の場所に様々な工業デザイナー、グラフィックデザイナーなどあらゆるデザイナーを集めたことに関して「私たちは同じスタジオにいたことはありませんでした。せいぜい座る場所を変えることくらいです。それ以外では、それを除くと現状を維持するだろうという期待があり私も大変心配していたと思いますが、大して変わらなかったでしょう。Apple Parkへ移ることは、非常に異なる専門家たちがついに一緒に働き始めるということを表しています。自信を持って言えますが、このようなことは初めてです。つまり工業デザイナーがフォントデザイナーの隣にて、隣には試作品を作る専門家、その隣には触感時術の専門家がいる・・というような。世界で最も優秀な触感専門家が材料工学で博士号を取った者たちの隣に座っているのです。」と述べています。

Nicholas Foulkes記者が、Apple Watchについて、手首に着用するデバイスは、実際の時計である必要があるのかと質問すると「いいえ、ここは私の手首に付けられた、様々な高度なセンサーを持つ非常にパワフルなコンピュータだと思います。これではあまり分かりやすいとは言えませんね。」と述べ「あなたと私は私は同じ考え方を共有し、共にiPhoneという商品へのチャレンジをしてきました。明らかにこのiPhoneの性能は、従来の電話の機能をはるかに超えています。」と説明したそうです。

Jony Ive CDOは「もしもあなた方が人類の将来を心配するならば、かつては存在しなかったものを創造した際には、その影響を考えたり影響を理解しようとすることに関心をもつでしょう。それがアップル社の信念でもあり、製品を生み出すということだけに終わらずにそれからの責任を持つというアップル社の文化でもあると思います。」と話したそうです。


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する