Appleが、WWDC2017のセッション「What's New in Audio」において、iOS 11、macOS High SierraのAudioUnitsで、FLACOpusフォーマットをサポートすると説明しています。


3Dオーディオもサポートされ、PCM、W・X・Y・Zと呼ぶパラメータで構成されたBフォーマット、Core Audio File(caf)で構成されています。

また、頭部伝達関数(HRTF)もサポートされます。


watchOS 4.0では、オーディオフォーマットとして、AAC-LCAAC-ELDHE-AACHE-AAC v2Opus、MP3(復元のみ)がサポートされます。

FLAC、HOAは含まれていません。


FLAC

FLAC

FLAC(96kHz/24bit)に対応したとしたとしても、iPhone 7・iPhone 7 Plusの場合、Lightning接続かBluetooth接続での視聴環境となり、Lightning接続ヘッドフォンの場合48kHz/24bit(2304kbps)でなんとかハイレゾ再生可能ですが、Bluetooth接続でAACの場合320kbpsとなりカバーしきれません。

対策としては、Appleがサポートしていない、Qualcommのapt-X HD(529.2kbps:48kHz/24bit)、SONYのLDAC(990kbps:96kHz/24bit)をサポートし、CSR8675を搭載する必要があり、Bluetoothヘッドフォン側の対応も必要です。

iTunesは256kbpsのAACファイルですが、再生環境が整わない限り変わることはないと思います。

FLACをサポートした理由は、デコード(再生)時において、CPUへの負荷の違いはなく高速にデコードできるという点で、ホームステレオやカーオディオ、海外ミュージックストアなどが採用しており、音楽再生環境の幅を広げる目的があると考えています。


PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する