Vanity Fairのイベント「New Establishment Summit」にAppleのデザイン担当シニアヴァイスプレジデントJonathan Ive氏が出演し、Vanity Fairのグレイドン・カーター氏による公開インタビューが行なわれました。


iPhone 6の端が丸くなった理由について、数年前に大きなスクリーンを持った試作品を作ったが、大きな画面という特徴はあったものの、競合他社の製品と同様に格好悪く、お粗末なものだったと振り返り、魅力的な製品にするためには、多くのことを成し遂げる必要性があったと語り、iPhone 6の丸みを帯びたデザインは、少しでも大きく感じさせないために必要だったと述べています。

大きなタッチスクリーンは、今では当たり前で自然かもしれないが、初めてiPhoneに取り組み始めた9年前は、当たり前ではなかったと語り、何年もの間、ボタンやディスプレイは小さ過ぎ、同じスペースに押し込める必要があったが、両方とも妥協する必要が無くなると、大きなスクリーンに合わせて、ボタンの大きさも変えられる出来たと述べています。



PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する