Engadgetによると、Intelが、Intel Developer Forum 2009において、Intel Architecture Groupのダディ・パルムッター上級副社長によって行なわれた「Mobile Computing: The Definition of Cool」セッションで、 10G ビット/秒の帯域幅を備え、複数の I/O プロトコルを搬送することできる新しい高速光ケーブル・テクノロジー「Light Peak Technology 」を披露したが、これはAppleが発案した技術で、このデモは、Mac Proのマザーボードを使ったプロトタイプが使用されていたと伝えています。

IntelのPRESS KIT - Intel Developer Forum (IDF)にデモ中の写真がありますが、これが次世代mac Proのプロトタイプとは判断しにくい気がします。

Intelの発表によれは、来年までにはノートブック PC、HD ディスプレイ、テレビ、カメラやビデオプレイヤー、iPod、ドッキング・ステーション、およびソリッド・ステート・ドライブ(SSD)など主要な機器を銅配線ではなく、光ファイバーによって相互接続できる、次世代の超高速 I/O を実現できるとしています。



PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する