eGFX Breakaway Puck Radeon RX 560

eGFX Breakaway Puck Radeon RX 560

Appleが、サポート情報「Mac で外付けのグラフィックプロセッサを使う」を更新し、Thunderbolt 3 対応の一体型 eGPU 製品として「eGFX Breakaway Puck Radeon RX 560」を追加しています。


eGFX Breakaway Puck Radeon RX 560

eGFX Breakaway Puck Radeon RX 560

macOS High Sierra 10.13.4以降の環境では認識されませんでしたが、macOS Mojave 10.14.1以降からサポートされるようになっていました。

システム情報のグラフィックディスプレイを見ると「Radeon RX 560 外部GPU」として認識されます。


Geekbench 4:Metal

Geekbench 4:Metal

Geekbench 4で、OpenCLとMetalのGPUベンチマークを計測してみました。

OpenCLスコアは「69818」、Metalスコアは「73466」という結果でした。

MacBook Pro (15-inch, 2018)のAMD Radeon Pro 560Xの外部GPUよりもスコア値(OpenCL:50300、Metal:59858)が高い結果となりました。

おそらく動作クロック数が違うと考えられます。


PowerColor Mini

PowerColor Mini

なお、PowerColorは、CES2019において、Thunderbolt 3接続対応Radeon RX 560搭載eGPU「PowerColor Mini」を発表していて、その時に、macOS High Sierra 10.14.2以降のThunderbolt 3接続対応Macで使用できますと案内しています。

今後、PowerColor Mini Pro、PowerColor Miniも追加されると考えられます。


関連エントリー
PowerColor、Thunderbolt 3接続対応Radeon RX 570搭載eGPU「PowerColor Mini Pro」を発表
Sonnet Technologiesの小型外部eGPUボックス「eGFX Breakaway Puck Radeon RX 570」を試す




PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する