External Graphics Development Kit

External Graphics Development Kit

Appleが販売するVR開発するためのデベロッパーハードウェアキット「External Graphics Development Kit」(599ドル)をチェックしてみました。

Sonnet TechnologiesのThunderbolt 3接続PCI Express拡張システム「eGFX Breakaway Box」の350W電力版「GPU-350W-TB3Z」、SAPPHIREのGPUカード「PULSE Radeon RX 580(8GBメモリ)」、BelkinのUSB-C接続USBハブ「Belkin USB-C対応4ポートミニハブ」、HTC Vive購入用100ドルクーポンがセットになっています。


eGFX Breakaway Box

eGFX Breakaway Box

このeGFX Breakaway Boxは、PCIe 3.0スロットを1つ搭載し、Thunderbolt 3ポートは1つしか搭載されていません。

macOS Sierra 10.12.5以降の環境で動作し、Thunderbolt 3(USB-C)- Thunderbolt 2アダプタを使用することで、Thunderbolt 2接続でも使用出来ます。


PULSE Radeon RX 580

PULSE Radeon RX 580

ボックス内に同梱されているPULSE Radeon RX 580を接続します。

接続出来るGPUカードは1枚までとなります。

このRadeon RX 580を認識するドライバはmacOS High Sierra以降にしか含まれていません。


GPU-350W-TB3Z

GPU-350W-TB3Z

GPU-350W-TB3Zの電力は最大350Wです。

Radeon RX 580の消費電力は225Wで、これに加えてThunderbolt 3ポートからのUSB PD/60W出力が可能です。

上位モデルの「GPU-550W-TB3」の場合、電力は最大550Wで、NVIDIA GeForce GTX系も接続出来ますが、ドライバが無いとGPUカードは認識されません。


Geekbench 4 Compute

Geekbench 4 Compute

Geekbenchの「Geekbench 4 Compute」で、GPU性能を計測してみました。

macOSで計測出来るのは「Metal」と「OpenCL」ベンチマークとなります。また、GPUはCPU性能にもある程度依存します。


iMac (Retina 5K, 27-inch, 2017)/Core i5 3.8GHz/AMD Radeon Pro 580と比較して、OpenCLスコアは約1.15倍、Metalスコアは約0.38倍の性能差があることが分かります。

参照:Geekbench 4 Compute Results


MetalスコアはMacBook Pro (2017)のAMD Radeon Pro 5XX計測値並みでしかありませんが、これは、PCI Express 3.0 x16インターフェースが、Thunderbolt 3接続することで、リンク幅 x4(双方向16.0sec/一方向8.0sec)で認識されていることが1つの要因なのかもしれません。




PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する