2014年10月21日(火)

Mac mini (Late 2014)をチェック

Mac mini (Late 2014)

Mac mini (Late 2014)

Apple Storeが、Thunderbolt 2ポートを採用し、802.11acに対応した「Mac mini (Late 2014)」の展示および販売を開始したのでチェックしてきました。

筐体自体の変更はなく、Mac mini (Late 2012)との違いはありません。

今回、Apple Retail Storeでは、フルスペック仕様となる、Ultimateモデルの販売は予定されてないようです。


内部仕様的には、IEEE802.11acに対応しています。

背面ポートは、Thunderboltポートが、Thunderbolt 2仕様に変わり、加えて2つ搭載され、FireWire 800ポートがなくなっています。


底面を見てみると、従来まであったメモリ・アクセス・カバーを回すための丸いヘコミが無くなり、ユーザー自身でメモリ増設することが出来なくなりました。


OS XのこのMacについてを表示してみると、MacBook AirやMacBook Pro (Retina)のように、メモリがマザーボード直付けで、メモリ増設出来ないMacと同様に、メモリのタブが表示されません。

Mac mini (Late 2014)で、メモリを増設するためには、Apple Online Storeや正規販売店で、CTO注文するしかないようです。


関連エントリー
Mac mini (Late 2014)ベンチマーク

関連情報
Mac mini (Late 2014) - 技術仕様
Mac Mini Late 2014 Teardown(iFixit)



PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する