OS X Lionは、64 ビットカーネルをデフォルトの起動方式として選択するようになりましたが、Mac OS X Snow Leopardで32 ビットカーネル起動しているMacにアップグレードインストールを行うと、32 ビットカーネル起動が引き継がれるようです。

64ビットのカーネル起動に対応したMacにOS X Lionを新規インストールした場合は、64 ビットのカーネルで起動します。

Appleのサポート情報「Mac OS X v10.6:64 ビットのカーネルを使う Mac」によると、Mac OS X v10.6 の デフォルトで 64 ビットのカーネルを使っているMacは「Mac Pro (Mid 2010)」「MacBook Pro (Early 2011)」「iMac (21.5-inch, Mid 2011)」「iMac (27-inch, Mid 2011)」で、Mac OS X Server Snow Leopardの場合「Xserve (Early 2008) 以降」「Mac Pro (Early 2008) 以降」「Mac mini (Mid 2010)」で、64 ビットのカーネルが使われているそうです。

iMac (Early 2008) 以降、MacBook Pro (Early 2008) から MacBook Pro (Mid 2010)は、64 ビットのカーネルに対応していますが、デフォルトでは32 ビットのカーネルが使われているそうです。

この32 ビットのカーネルがデフォルトの場合、OS X Lionも32 ビットのカーネルで起動します。なお、プリインストールされているMac OS X Snow Leopardのバージョンによっては、64 ビットのカーネルで起動するMacもあります。

32 ビット起動か64 ビット起動かを確認するには、アプリケーション>ユーティリティ>システムプロファイラを起動し、「内容」パネルで「ソフトウェア」を選択し「システムソフトウェアの概要」の「64 ビットカーネルと拡張機能:はい」ならば 、64 ビットカーネルの状態です。


32ビットカーネル起動しているMacを64ビットカーネル起動に変更する場合は、サポート情報「Mac OS X v10.6:32 ビットまたは 64 ビットカーネルで起動する」に説明があり、起動中に「6」および「4」キーを押し続けることで、64 ビットカーネルで起動することができます。

これは、再起動すると、Mac はデフォルトのカーネルに戻ります。


永続的に64 ビットカーネルを選択するには、「ターミナル」で次のコマンドを使います。


sudo systemsetup -setkernelbootarchitecture x86_64

現在の起動ディスクで 32 ビットカーネルを選択するには、「ターミナル」で次のコマンドを使います。

sudo systemsetup -setkernelbootarchitecture i386


関連情報
Mac OS X v10.6:32 ビットまたは 64 ビットカーネルで起動する
Mac OS X v10.6:64 ビットのカーネルを使う Mac
Mac OS X:64 ビットカーネルについてよくお問い合わせいただく質問 (FAQ)


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する