FileMaker カンファレンス 2018

FileMaker カンファレンス 2018

ファイルメーカーが、2018年11
月7日~9日の期間、虎ノ門ヒルズにて、FileMakerの各種アップデート情報が説明されるカンファレンス「FileMaker カンファレンス 2018」が開催中です。


FileMakerのビル・エプリングCEO

FileMakerのビル・エプリングCEO

セッション内容は全てNDA ですが、FileMakerのビル・エプリングCEOによって行われた基調講演に当たる「オープニング セッション」の最初5分だけが公開されました。

まず「FileMaker カンファレンス 2018」について。

参加者の1割に当たる人は初参加であり、この事からも分かるようにユーザの層は広がり続けているという事でした。


FileMaker カンファレンス 2018

FileMaker カンファレンス 2018

FileMakerは、PCのクラスプラットホームだけでなく、モバイル、クラウド、オンプレミスという環境においても動作するカスタムアプリの開発を可能にする環境を提供する会社であり、この事から情報や非効率的環境の改善に大きな威力を発揮します。


FileMaker カンファレンス 2018

FileMaker カンファレンス 2018

会社全体として、シンプルに保つことを重要視しており、それは提供するアプリケーションのUIなどにも反映されているという事でした。


FileMaker カンファレンス 2018

FileMaker カンファレンス 2018

これらの特徴を持つ FileMaker が企業などで採用するために信用してもらう情報として、以下のような情報が公開されました。

まず、FileMaker のCommunityユーザは全世界で 8万人以上。

そこに参加しているのは 5万以上の開発会社と、1000以上のBusinessアライアンスパートナーとなっています。

ファイルメーカーのサブスクリプション契約は 100万契約以上となっており、モバイル向け FileMaker Go のダウンロード数は400万回以上。モバイル環境において、これほど使われているカスタムアプリは他には無いレベルとなっています。


これらの製品から上がる売り上げは 50%以上がアメリカ国外、全体の売り上げの25%が日本となっており、この事から推測できる通りに日本はファイルメーカー社における売り上げ2位となっています。

売り上げだけでなく、利益についても好調であり、ここ20年以上は利益を上げ続けています。


FileMaker カンファレンス 2018

FileMaker カンファレンス 2018

このような事から、ファイルメーカー社は巨大で強力なコミュニティを持つだけでなく、経営的にも長年安定した企業であり、法人利用の信頼にたる企業であると説明されました。

最後に、ファイルメーカーはAppleの子会社である事から健全な経営と、モバイルなどの最新トレンドに追従し続ける開発体制を取っていることが強調されて説明が終了しました。

これ以降のFileMaker カンファレンス 2018ではファイルメーカーを中心としたエコシステムについて様々な情報が 3日間に渡って説明されます。


PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する