AirPods

AirPods

Appleが発表したケーブルレスBluetoothイヤフォン「AirPods」をチェックしてみました。

専用に設計されたAppleのW1チップを搭載し、このチップにより、接続とサウンドの質を向上させるために、極めて効率の良いワイヤレス接続が可能です。

この製品は、10月下旬から16,800円で発売される予定です。

Update:後に延期され、12月13日から発売されました。


AirPods充電ケース

AirPods充電ケース

Bluetoothペアリング機能も兼ね備えた専用充電ケースが付属しています。

AirPodsは1回の充電で5時間再生でき、ケースを使用することで24時間以上聴き続けられます。

また、15分の充電で3時間再生可能となる急速充電機能も搭載されています。

ケースの充電は、Lightning - USBケーブルを使用します。


AirPods 接続

AirPods 接続

ケースのフタを開けるとケースの内側にあるLEDランプが点滅し、iOS 10の端末側に、AirPodsの接続画面が自動的に表示されます。

なお、この内側にあるLEDランプは、ケースの充電状態も表示してくれます。


画面表示されている「接続」の文字をタップし、次に充電ケースの外側にある丸いボタンを押したままにす。

これでペアリングは完了です。

次回からは、AirPodsのケースのフタを開けるだけで自動接続されます。


ペアリングが完了すると、AirPods本体とAirPods 充電ケースのバッテリー残量が表示されます。

イヤフォン本体だけでなく、充電ケースもBluetooth接続されていることが分かります。


設定>Bluetooth>AirPods

設定>Bluetooth>AirPods

設定>Bluetoothを見てみるとAirPodsが追加されていることが確認出来ます。

また、Beats by Dr.Dreのワイヤレスヘッドフォンのように名前を変えることができます。

AirPodsをダブルタップすることで「Siri」の起動、または「再生/一時停止」のどちらかのアクションコントロール機能を割り当て出来ます。

耳に付けている時は、一時音楽再生スピーカーとして自動優先させられる「自動耳検出」のオン/オフも設定出来ます。


ヘッド部分をEarPods with Lightning Connectorと比べてみると、柄の部分にビームフォーミングマイクロフォンが装備されていることが分かります。(底面にもあります)

また、外側にあるバスレフポートの穴が、かなり大きく空けられていることも確認出来ます。

おそらく W1チップなどの放熱のためだと考えられます。


耳に装着する側を比べてみると、ヘッドユニットが大きく、バッテリーとアンテナが収納されているため、柄の部分が太い事も確認出来ます。

内側と外側にある黒い点は、光学センサーです。


iPhone Bluetooth Headset/AirPods

iPhone Bluetooth Headset/AirPods

AirPodsは、ケースから左右どちらかの片方だけ出せば、片耳のBluetoothヘッドセットとしても利用可能です。

2007年に発売されたiPhone Bluetooth Headsetと比較してみました。

この当時もマグネット接着による充電方式が採用されていました。


Air Pods

Air Pods

Apple Musicを再生してみると、以外に音漏れします。

片耳を外すと音楽再生が自動停止し、再び装着すると自動再生されます。

ノイズキャンセリングは、話していることを認識し、音声通話を改善する「CVC」(Clear Voice Capture)に近く、音声通話以外では外周音が耳に届きます。


AirPods iOS 9

AirPods iOS 9

AirPodsをiOS 9.3.5がインストールされたiPhone 6sに、通常のBluetoothペアリングで接続しようとしたところ「このアクセサリを使用するには新しいバージョンのiOSが必要です。」のダイアログが表示され、iOS 10以上のシステム環境が必要になることが確認出来ます。


AirPods iOS 9

AirPods iOS 9

まったく使えない分けではなく、Bluetoothペアリングは確立され、Apple Music再生などを楽しむことが出来ます。

また、ダブルタップによるSiri起動も行えました。

耳に装着するとすぐにオーディオが自動的に再生され、耳から外すと再生を一時停止するといった「自動耳検出」機能や、名前の変更などは出来ず、一般的なiPhone対応Bluetoothイヤフォンレベルの使用となります。


EarPods with 3.5 mm Headphone Plug

EarPods with 3.5 mm Headphone Plug

トオンのiPhone用オーディオ測定アプリ「Audio Frequency Analyzer」を使用し、YouTubeにある「20Hz to 20kHz (Human Audio Spectrum)」を再生し、1/3オクターブ・スケールで対数表示してみました。

EarPods with 3.5 mm Headphone Plugの場合、中音域から高音域がブーストされる感じで、弦の張りなどが浮き上がって華やかになる感じです。


AirPods

AirPods

それに対してAirPodsは、中低音域から中音域まで、なだらかにブーストされ、中高音域から超高音域までが強調される感じです。

ロック、ポップスといった音楽再生向きの音色になる感じがします。


関連エントリー
Apple、フルワイヤレスイヤフォン「AirPods」を発表
AppleのLightning接続イヤフォン「EarPods with Lightning Connector」をチェック
Forbes:Apple、カスタム低消費電力BluetoothチップとBluetoothイヤホンを開発中?
Apple、低消費ワイヤレスチップメーカー「Passif Semiconductor」を買収



PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する