The Independent

The Independent

The Independentが、Apple Watch Series 5に関して、Appleのクパチーノ本社のApple Parkにあるウェルネスセンターで行われた、AppleのJeff Williams COO、テクノロジー担当ヴァイスプレジデントKevin Lynch氏、健康担当ヴァイスプレジデントSumbul Desai氏へのインタビューを掲載しています。


Jeff Williams COOは「最初のApple Watchには心拍数モニターが組み込まれていました。これは、Appleが心臓の健康を第一に考えていたのではなく、単にユーザーの体から、ライバルフィットネスモニターよりも、より正確な歩数をカウントするためだった。」と説明しています。


しかし、その後、状況は変わり「最初、心拍数モニターで人の命が救われたという知らせを聞いたとき、誰でも時計で心拍数を取得できるということに驚きました。しかし、その後、こうした報告が多くなり始め、私たちは大きなチャンスがあり、さらに多くのことができる義務さえあるのだと気付きました。それにより、医学的に規制されたアプリを含むすべてを実行する道が開けました。健康はとても重要な次元です。しかし、それはWatchの一次元にすぎません。時間を伝えることから、メッセージの送信や電話の発信まで、さらに多くのことが利用されています。」と語ったそうです。

Apple Watchには非常に多くの機能があり、ベストセラーになり続けています。

Jeff Williams COOは「それで、それを付けているユーザーは、何らかの方法でユーザーの健康に関する情報を知る機会を得ます。それは、Appleが、健康について大きな影響を与えることを可能にしました。」話したそうです。

Sumbul Desai氏は「それは本当に重要なことで、健康に関する課題の一部は、人々が常に自分の健康について考えたくないということだと思います。全体的な経験に織り込まれているだけです。」と話し「医学界は、Appleが彼らと一緒にこれら健康について取り組んでいることに本当に興奮していると思います。医療業界、特に研究コミュニティは、これが個人について本当に学ぶための興味深い機会であると考えています。ユーザーの健康について、早期段階で感知している可能性があり、健康をより積極的かつ予防的にすることができます。そして、それは彼らが両手を広げて歓迎していることです。研究コミュニティは、Appleが技術の壁を超えようとしているだけでなく、実際に彼らと一緒に研究しようとしていることを高く評価しています。」と語ったそうです。

Jeff Williams COOは「かなり早い段階でResearchKitを立ち上げたときに遡ります。iPhoneやApple Watchを持っているユーザーのデーターを使った研究を行うことができるアプリを構築できるようにするフレームワークです。研究プロセスから非常に多くの摩擦を取り除いたため、早い段階で受け入れられました。Appleは、AFibで行ったのと同じように前進できるかどうか確認するために、Apple Watchがもつ力を活用したい。」と説明しています。

進歩するために、さらなるハードウェアの性能向上が必要になるのかと質問すると、Kevin Lynch氏は「それは物語の一部にすぎない。」と話し「現在のハードウェアから学べることができる膨大なデーターがすでにあり、心臓の研究は良い例です。Apple Watchの内蔵モニターを使用して、AFibの読み取り値を取得できました。それにはハードウェアの変更は必要ありませんでしたが、ソフトウェアアルゴリズムとそのデータの機械学習、そしてその背後にある臨床研究、そして正しい質問をするという点で革新が必要でした。私たちが取り組むことができることはたくさんあり、それは、Appleがフォーカスすべき方向を示し、洞察に満ちた答えにつながる問題でもある。女性の健康、より多くの心臓の研究、聴力の健康に関する最新の研究、Appleが持っているすべての既存の技術を使って、多くの分野から学び、それらを集中的に使用できると思います。それはいくつかの新しい発明をすることに繋がるかもしれませんが、まさに始まったばかりで、学ぶべきことがたくさんあり、フォーカスできる分野は非常に多くあります。Appleにとって戦略的に最も重要なことであり、また、意味のある貢献をすることができるのかを考えている。」と詳しく語っています。

Apple Watchにグルコースセンサーが組み込まれるのでは?という噂について質問されると、Jeff Williams COOは「人体の非侵襲的検知は非常に困難で、グルコースに言及すると、人々は何十年間も生体を傷つけないグルコース感知について取り組んできました。私は毎年、誰かが非侵襲的なグルコース感知モニターを提供することを望んでいます。間質液にアクセスできる場合、グルコースを検出するのは十分に難しく、光子を使って感知するのはとてもに難しいことです。もちろん、今後さらに多くのセンサーが発明されると思います。しかし、Kevin Lynchが言ったように、既存のハードウェアでできることはたくさんあるのです。」と話したそうです。

Jeff Williams COOに対して、健康について情熱的に語っているが、そんなに緊急の課題なのかと質問すると「Appleに来るたびに、私たちが製品を持っているユーザーに与えた影響が大好きです。しかし、「これが私の命を救った」と言っている最初の数通の手紙を受け取ったとき、それはまったく異なる感覚です。それはその日の私のオクタンです。5年前に、開発チームと共に健康の分野で貢献することを提案していたなら、夢中になったと思います。それはとてもエキサイティングなエリアであり、非常に多くの機会があります。健康に関する最大の課題は、実際には行動の変化と認識であると誰もが言います。彼らはラストマイルについて話し、患者とつながります。そして、私たちが人々のポケットに数億個のiPhoneを持ち、人々の手首に数千万個のデバイスを持ち、さらに顧客からの信頼を得たときなのです。」と話したそうです。


PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する