全ての児童生徒が学習者用端末を 活用できる環境の整備状況

全ての児童生徒が学習者用端末を 活用できる環境の整備状況

文部科学省が、GIGAスクール構想の実現に向けた整備・利活用等に関する状況についてを更新し、端末利活用状況等の実態調査(令和3年7月末時点)を公開しています。

全国の公立の小学校等の96.1%、中学校等の96.5%が、「全学年」または「一部の学年」で端末の利活用を開始していると報告しています。

全自治体等のうち 1,742自治体等(96.1%)が整備済みで、70自治体等(3.9%)が整備未完了となっています。


 整備済み端末に対するOSごとの割合

整備済み端末に対するOSごとの割合

学習者用端末の標準仕様として、Microsoft Windows 10 Pro、Google Chrome OS、iPadOSの3つがピックアップされていて、整備済み端末に対するOSごとの割合は、ChromeOSが40.1%、Windowsが30.4%、iOSが29.0%、その他(Android、MacOSなど)が0.5%となっているそうです。

端末整備台数は9,395,658台となり、OSごとの割合からiPadは約273万台導入されてることになります。


関連エントリー:文部科学省の「GIGAスクール構想」学習者用端末としてのiPad


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する