iOS

Apple、iPhoneとApple WatchのWalletに運転免許証や州の身分証明書を入れられる州を発表

Appleが、iOS 15から利用可能になるiPhoneとApple WatchのWalletに運転免許証や州の身分証明書を入れて提示できる取り組みについて、利用可能になる一部の州を発表しています。

アリゾナ州、コネチカット州、ジョージア州、アイオワ州、ケンタッキー州、メリーランド州、オクラホマ州、ユタ州は、州のIDと運転免許証をウォレットに入れて住民に提供する最初の州となるそうです。

運転免許証や州のIDをWalletに登録することで、iPhoneやApple Watchを使って運転免許証や州のIDを簡単かつ迅速に、そしてより安全に提示できるようになります。

参加州がこの機能の提供を開始すると、お客様は運転免許証や州のIDをWalletに追加し、物理的なカードを取り出したり、デバイスを渡したりすることなく、iPhoneやApple WatchをタップするだけでTSAに提示できるようになります。

AppleのモバイルIDの実装は同社が策定に協力したISO 18013-5 mDL(mobile driver's license)標準に準拠したもだそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事