ソフトウェア

アジェンダの自動保存とバージョン管理に対応した年賀状作成ソフトウェア「宛名職人Ver.20 Apple Store限定版」を試す

宛名職人Ver.20 Apple Store限定版

宛名職人Ver.20 Apple Store限定版

アジェンダが、Apple Store限定として販売する年賀状作成ソフトウェア「宛名職人Ver.20 Apple Store限定版」を試してみました。

Mac特有の標準機能である自動保存とバージョン管理に対応し、また、間違えて宛先を消してしまった時やデザイン作成に失敗してしまった時に、戻したい状態へと簡単に復元できるため、データが壊れる心配をせずに安心して年賀状作りすることが出来ます。


このApple Store限定版は、インストールメディアとしてDVD-ROMではなくUSBメモリが同梱されています。

光学ドライブを持たない、MacBook Airシリーズや、MacBook Pro Retinaシリーズでもインストールすることが出来るようになっています。


年賀状作成用フォントとして、新しく「NSK白洲毛筆宛名楷書」「NSK白洲毛筆行草書」「TA寒椿 AS」「TAうどよし AS」「朱音書体 朴」「行恋書体」を含めた15種類の日本語フォントがインストールされます。

また、英数フォントは60書体インストールされます。


OS X Mountain Lionのバージョン管理機能に対応に対応し、戻りたい状態へと簡単に復元することが出来ます。

また、バックグラウンドの自動保存機能や、再開機能にも対応しています。

せっかく連絡先編集が出来たのにと思ってMacがクラッシュした場合でも、自動保存した段階まですぐに復帰可能なので安心です。


Apple Store限定版特典として、年賀状テンプレート50点が付属しています。

同じ宛名職人で作成したとしても、これらの特別テンプレートデザインを使えば、他と違った年賀状作成が出来る可能性が高くなります。


住所録の宛名を探すときの検索スピードがアップしていて、企業向け年賀状作成時の検索など連絡先情報が多い場合などの業務効率が向上すると思います。

また、ラベル用紙の品番検索が出来るようになり、ラベル用紙選びやラベル作りが向上しています。


住所録一覧印刷が強化されていて、罫線や余白、ヘッダやフッダーといった一覧印刷に関する詳細な設定が可能になっています。

また、印刷プレビューは、設定の変更を即反映して確認出来るようにもなっています。


デザイン作成画面で、題字の画像の絞り込みが簡単に出来るようになっています。

また、文字方向で「縦書き」が選択出来るようになり、入力も専用パレットで簡単に行えるようになっています。


作成した年賀状デザインを、メール添付、メッセージ送信、AirDrop共有が行えるようになっています。

また、Twitter、Facebook、Flickr投稿も行う事が可能になっています。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事