ソフトウェア

デジタルステージ、Facebook ページ作成機能やEvernote連携などが追加された「BiND for WebLiFE* 5」を9月2日から発売開始

BiND for WebLiFE* 5

BiND for WebLiFE* 5

デジタルステージが、ウェブ標準に準拠したウェブサイトが作成できるソフトウェアの新バージョン「BiND for WebLiFE* 5」を、9月2日から発売すると発表しています。

Twitter、Facebook、mixiと連携して更新の度に<集客>に結びつけるためのアクションが可能な「ソーシャル・コネクト」と、FacebookページをBiNDの編集エディタ上で自由自在に作成できる「BiND for Facebook」が搭載され、作業効率を上げる機能として、使い慣れたWordやExcelのデータをページに貼り付け可能な「BiNDオフィス・インポーター」や、複数人でウェブ素材を共有できる「Evernote連携機能」、常に最新のサイトデータをクラウドに置く事で別々の場所からもサイトが更新できるようになる「DropBox連携機能」なども搭載しているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事