Safari

Apple、Safari 機能拡張に正式対応した「Safari 5.0.1」の配布を開始

Safari 5.0.1

Safari 5.0.1

Appleが、Safari 5.0.1の配布を開始しています。

これはすべての Safari ユーザに推奨されるアップデートで、パフォーマンス、安定性、およびセキュリティが改善されているそうです。

このアップデートでの新機能

Safari 機能拡張
他社のデベロッパが作成した機能で Safari をカスタマイズ
機能拡張は Safari 機能拡張ギャラリーで見つかります。Safari メニューまたは extensions.apple.com からアクセスできます


さらに、このアップデートによって安定性、アクセシビリティ、安全性が以下のように改善されます:

アドレスフィールドのトップヒット結果の精度が向上します
CSS アニメーションのタイミングの精度が向上します
Safari リーダーのキーボードショートカットを使っているときの安定性が向上します
MobileMe メールのスクロールの安定性が向上します
Safari リーダーで www.rollingstone.com から複数ページの記事を表示するときの問題が解決されます
JavaScript 暗号化ライブラリを使用する Google Wave などの Web サイトが、32 ビットシステム上で正しく動作しない問題が解決されます
ネットワーク・ホーム・ディレクトリを使った Leopard システム上で Safari を起動できない問題が解決されます
YouTube サムネール画像上にマウスを置いたときにサムネールの境界が消える問題が解決されます
www.facebook.com や www.crateandbarrel.com などの Flash 10.1 を使用するサイトで、Flash コンテンツがほかのコンテンツに重なって表示される問題が解決されます
www.aa.com から搭乗券を正しくプリントできない問題が解決されます
DNS プリフェッチ要求が特定のルーターに大きな負荷をかける問題が解決されます
VoiceOver が Web ページの要素を正しく識別しない問題が解決されます


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事