Safari

Apple、Java プラグイン有効/無効設定を追加した「Safari 6.0.4」を配布開始

Safari 6.0.4

Safari 6.0.4

Appleが、ソフトウェア・アップデート経由で「Safari 6.0.4」の配布を開始しています。

このアップデートでは、Web サイトごとに Java プラグインを有効にするかどうかを設定できるようになります。

Safari 6.0.4は、OS X Lion v10.7.5、OS X Lion Server v10.7.5、OS X Mountain Lion v10.8.3を実行しているすべてのユーザーに推奨され、セキュリティをアップデートします。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事