Rumor

Bloomberg:Apple、iOS 14でSafariやメールのデフォルト設定をサードパーティアプリに変更できる機能を検討中?

Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、Appleは、iOS 14でSafariやメールのデフォルト設定をサードパーティアプリに変更できる機能を検討しているようだと伝えています。

Appleは2008年にApp Storeを開始してから、ユーザーがこれらのプリインストールされたアプリをサードパーティのサービスに置き換えることを許可していません。

そのため、一部の開発者が競争することが難しい状況となっていて、技術業界での独占禁止法違反の可能性を探る議員からの懸念が高まっているそうです。

また、Spotify Technology SAなど、サードパーティの音楽アプリの制限を緩和することも検討しているそうです。

MacOSの場合は、デフォルトアプリケーションを変更できることから、技術的な問題というよりも、ユーザーエクスペリエンスの維持を優先していたと考えられています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事