Rumor

MacRumors:新型iPhoneのA13チップには「R1」コプロセッサを搭載?

MacRumors

MacRumors

MacRumorsが、Longhornからの情報として、2019年に発売される新型iPhoneに搭載されると予想されるApple A13チップには、コードネーム「Rose」と呼ばれる「R1」コプロセッサが搭載されると伝えています。

AppleのMシリーズモーションコプロセッサーに似ていますが、デバイスがどこにあるのかをより正確に把握するために、モーションコプロセッサーよりも多くのセンサーを統合しているそうです。


モーションコプロセッサは現在、コンパス、ジャイロスコープ、加速度計、気圧計、およびマイクからのデータを統合していますが、R1コプロセッサは、慣性計測ユニットセンサー(IMU)、Bluetooth 5.1、ウルトラワイドバンド(UWB)、カメラ(モーションキャプチャおよびオプティカル・トラッキングを含む)センサーデータのサポートが追加されているそうです。

なお、Apple A13チップのニューラルエンジンのコードネームは「Metis」で、画像信号プロセッサのコードネームは「Zelus」だそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事