Rumor

工商時報:Wistron、Apple非認定部品でiPhone 8 Plusを製造し2週間の製造中止を求められる。Wistronは否定

工商時報が、Wistronは、Apple非認定部品でiPhone 8 Plusを製造したとして、2018年3月8日から2週間の製造中止を求められたと伝えています。

Wistronは、Appleが定める防水・防塵性能を持たないSIMトレイ部品を使用して製造していたと指摘されたようですが、この事に関して、Wistron側は否定し、通常通り製造が行われており、外部から停止を求められて事はないとしています。

なお、iPhone 8 Plusの製造の大部分はFoxconnが受注しているため、製品出荷には影響はないだろうとのことです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事