Rumor

guardian:タッチパネル上で触覚フィードバックを実現する、フィンランドSensegの技術「E-Sence」が採用されているかもしれない?


guardianが、新しいiPadには、フィンランドSensegの技術「E-Sence」を採用し、タッチパネル上に貼ったフィルムの電荷を制御することで機械的な振動を使わずに利用者に触感を与えることが出来るのかもしれないと伝えています。

招待状に「どうしてもその眼で見て、その指で触れたくなるものをご紹介します。」と書かれている「触れたくなる」という部分から予想しているそうです。

この件に関して質問したところ、SensegのテクニカルマーケティングマネージャーPetri Jehkonen氏は、ノーコメントだったそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事