NEWS

北野病院、JamfのAppleのデバイス管理ソリューション「Jamf Pro」を採用し、管理、問診のデジタル化と院内会議のペーパーレス化を実現

jamf

Jamf Japanは、公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院が、問診のデジタル化や院内会議のペーパーレス化を目指して導入した100台のiPadの端末管理に、同社のAppleのデバイス管理ソリューション「Jamf Pro」を採用したと発表しています。

外部インターネット通信ができない院内限定のシステムが数多く存在するため、「患者さん問診用」は院内サーバへの接続が、「院内会議用」は外部インターネット接続可の設定がそれぞれ必要です。さらに、iPadを貸し出した際に万が一紛失してしまったり、想定しない利用方法がとられてしまった場合の端末管理方法を徹底する必要がありました。


そこで北野病院では、Apple専用のデバイス管理ソリューションであるJamf Proを導入し、Jamf Proで、院内専用ネットワークと職員用外部ネットワークの構成プロファイルを作成し、Jamf Setupを使うことで利用環境を簡単に切り替えられるようにしましたそうです。

これにより、職員は院内アプリを使いたい時はJamf Setupでその用途を選択することで、必要な院内ネットワークにすぐにアクセスすることができます。

患者さんに対する問診への活用は、現時点では外来化学療法センターと脳神経外科でおこなわれていて、看護師が問診した結果をiPadに入力すると問診システムを利用して電子カルテへ送信され、職員に情報が共有されます。

iPadデバイス内には患者データは保存しない仕様のため、セキュリティ上のリスクも軽減できます。また院内の会議での活用に関しては、iPadを導入することで職種を問わず全職員が利用できる会議システムの環境を提供できたそうです。

対面での開催の場合は参加者にiPadを配布し、クラウドストレージにアップロードした会議資料をQRコードを通じてダウンロードしてもらうことで、資料のペーパーレス化も実現し、紛失や、想定しない利用法に対しても、iPadのデバイス情報をApple Business Managerに登録しておくことで、Jamf Proからの利用制限ができるようになったそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事