NEWS

WWDC22:iOS 16/iPadOS 16で、タッチ操作かキーボード操作かでメニュー表示を変更可能に

Adopt desktop class editing interactions

Adopt desktop class editing interactions

Appleが、WWDC22において「Adopt desktop class editing interactions」を公開し、 アプリをデスクトップクラスに変身させるクラスに関して説明が行われました。

iOS 16では、編集メニューのデザインが一新され、使用する入力メソッドに応じて、別の表示方法を持たせることが可能になります。

タッチ操作の場合、編集メニューは使い慣れたコンパクトな外観のままですが、ページング動作が改善され、アクションを以前より見つけやすくなっています。

iPadOS 16では、Magic Keyboardやトラックパッドでは、セカンダリクリックや右クリックでコンテキストメニューが表示され、よりデスクトップ的な操作性を実現します。


Adopt desktop class editing interactions

Adopt desktop class editing interactions

同様に、iPhoneでタッチ操作を行うと、新しい編集メニューが表示されます。

また、Mac Catalystアプリでは、Macユーザーに馴染みのあるコンテキストメニューが表示されます。

iOS 16では、新しいデータ検出器の統合により、テキスト編集メニューが大幅にパワーアップします。


Adopt desktop class editing interactions

Adopt desktop class editing interactions

これには、インラインでの単位や通貨の変換、選択したテキストに応じてコンテキストに応じたアクションを表示するスマートルックアップが含まれます。

例えば、Safariで住所を選択すると、既存の編集メニューのアクションに加えて、「行き方を調べる」「地図で開く」といったマップベースのアクションが表示されます。

アドプションを必要とせず、これらの機能は、PDFKitだけでなく、テキストインタラクションビュー、WebKit、Safariを含むすべてのテキスト編集メニューで利用可能です。


Adopt desktop class editing interactions

Adopt desktop class editing interactions

iOS 16ではUIMenuにいくつかの新しい機能強化がなされています。

UIMenuに優先要素サイズのプロパティが追加され、コンテキストメニューで異なるレイアウトを選択できるようになりました。

小サイズでは、メニューがよりコンパクトなサイドバイサイドの外観になり、より多くのアクションが一列に収まります。中サイズでは、アクションが横に並んで表示されますが、より詳細な情報が表示されます。

これは、標準の編集メニューを表示するためのテキスト編集メニューで使用されます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事