NEWS

Bloombergも2020年発売のiPhone向けにディスプレー内蔵型指紋認証技術を開発中と報じる

Bloomberg

Bloomberg

以前、お宝は、2020年発売のiPhoneに、ディスプレー内蔵型指紋認証技術を開発していると伝えましたが、Bloombergも、Apple社内と国外のサプライヤーの両方で現在、この技術をテスト中で、実際の搭載は2021年発売のiPhoneにずれ込む可能性もあると伝えています。

既存の顔認証システムと並行して機能する形になっているとしています。


また、日本経済新聞が先に伝えた内容として、Appleは、iPhone SE以来初となる低価格モデルに取り組んでていて、早ければ20年上期(1-6月)に発売される可能性があると伝えています。

端末の形状は「iPhone 8」と同様で、ディスプレーのサイズは4.7インチ、指紋認証に関しては、ディスプレー内蔵型ではなく、ホームボタンに「タッチID」機能を組み込む形になる見通しだそうです。


関連エントリー
日本経済新聞:Apple、2020年にiPhone SEの後継モデルと位置づけた廉価版iPhoneを発売?
Apple、音響指紋技術を使用したディスプレイ内蔵指紋認証センサーの研究開発を本格化?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2020年発売のiPhoneは、5.4インチ、6.1インチ、6.7インチのOLEDモデルで、上位機種は5G対応?


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事