NEWS

AppleのGreg Joswiak氏、Mike Rockwell氏、Daring Fireballのポッドキャスト公開収録に出演(WWDC2018)

Daring FireballのJohn Gruber氏が、California Theaterにおいて「The Talk Show Live From WWDC 2018」を開催しました。

ゲストは、AppleのiOS、iPhone/iPad担当マーケティングヴァイスプレジデントGreg Joswiak氏、AR担当ヘッドMike Rockwell氏です。

その内容が、YouTubeで「The Talk Show Live From WWDC 2018」として公開されています。(スタートは22分頃)


The Talk Show Live From WWDC 2018

The Talk Show Live From WWDC 2018

Mike Rockwell氏は、ARKit 2で、ピクサー・アニメーション・スタジオのシーングラフのライブラリフォーマット「USDZ」を採用した理由は、ARのPDFのようなものを作りたかったと語っています。

Appleは、新しいデバイスを買わせるために、わざと古いデバイスでパフォーマンスを落としているのではないか?と質問されたGreg Joswiak氏は、素晴らしいソフトウェアのアップデートを提供してきたつもりだが、古いデバイスのいくつかは負荷が大きくパフォーマンスが落ちる経験をしているユーザーがいた。そこは、今回、重要な部分として取り組んでいると説明しています。

また、おやすみモード、ベッドタイムに加え、iOS 12に搭載される「スクリーンタイム」といったマインドフルネス機能について質問すると、Greg Joswiak氏は、2008年から取り組んできており、自分のデバイスで、使用しているデーターを元に、生活のバランスを改善するのに役立つのかを考えているていると説明しています。

WWDC2018でスニークプレビューで見せたiOSアプリをmacOSアプリに移植し易くする技術は、iOSアプリをエミュレートしてmacOS上で動かすことではなく、真のmacOSアプリとして動作し、最高のiOSアプリの多くが、Mac上でも最高のアプリとなると説明しています。


関連エントリー
AppleのPhil Schiller氏、Craig Federighi氏、Daring Fireballのポッドキャスト公開収録に出演(WWDC2017)
AppleのPhil Schiller氏、Craig Federighi氏、Daring Fireballのポッドキャスト公開収録に出演



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事