NEWS

The NewYork Times:Apple、フォルクスワーゲンと契約し、社員向け自動運転シャトルバスを開発

Volkswagen Transporter T6

Volkswagen Transporter T6

The NewYork Timesが、Appleは、フォルクスワーゲンと契約し、商用バン「Volkswagen Transporter T6」を、社員向け自動運転シャトルバスに改造するようだと伝えています。

フォルクスワーゲンの子会社「Italdesign」にて、フレーム、ホイール、シャシーなどを残し、駆動ユニットを電機式に変更し、ダッシュボードや座席を含む多くのコンポーネントを置き換えているそうです。


Appleの自動運転車開発は、拡大と縮小を繰り返しており、商業目的を含む、バン以外の短期的な計画が欠けていたと指摘しています。

Appleは、2014年に内部で「Titan」と「T172」と呼ぶ自動車プロジェクトを開始し、2015年後半には、2台のLexus SUVを購入し、Torc Roboticsのセンサーを搭載する実験車両プロジェクト「Baja」を開始しており、現在は、50以上のSUVを使って実験を行っているとしています。

Appleは、メルセデス・ベンツと交渉を行っていた「Bruce」プロジェクトや、BMW、日産、BYD Auto、McLarenなどとも交渉を行ったが、どれもユーザー経験値やデーターの取り扱いで一致せず不成立に終わったようです。


AlphabetのWaymo(Google)など、さまざまな企業が研開発を行っており、2018年5月6日にZIP-FMにて放送された「DJ MORIZO HANDLE THE MIC」において、トヨタの豊田 章男社長は、AppleもGoogleも自動運転車開発を行っていると発言していました。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事