Watch

NewYorkTimes:Apple、Apple Watchのファッション戦略を見直す

NewYorkTimes

NewYorkTimes

NewYorkTimesが、Appleは、2014年9月に発表し、2015年3月から発売を開始した初代Apple Watchは、Tim Cook CEOが就任してから初の新かカテゴリー製品で、ウェアラブルとファッションを結びつけたマーケティング活動が行われていたが、それらは、現在、スポーツと健康に向けられていると伝えています。

Appleは、Yves Saint LaurentのPaul Deneve CEOや、Tag Heuerのセールス担当ヴァイスプレジデントPatrick Pruniaux氏などを雇い、パリのスーパーブティックColetteで発表するなどしてきたが、彼らはAppleの2017年度第一四半期中に退職していて、これらの新しい分野に参入したIntelやRalph Laurenもすでに撤退していると解説しています。


ウェアラブルとファッションに関する話題はとても静かになってしまったが、ウェアラブルデバイス自体が終わったということではなく、市場の44%を占めるスマートウォッチ業界は、順調に推移しており、エルメスは、Apple Watch エルメスは、同社の時計として最も人気のあるモデルの一つであると話し、ルイヴィトンのスマートウォッチは時計事業の半分を占めているとコメントしているそうです。

ファッションとテクノロジーの本当の未来はスクリーンとは関係なくその機能性が重要であり、ファッションとは、瞬間、トレンド、ロマンスを作り出し、影響力のある少数の人々にそれを広めることで、早々と市場認知されたApple Watchには必要がなくなったかもしれないと結論づけています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事