NEWS

Computer History Museum、元AppleのシニアヴァイスプレジデントScott Forstall氏などiPhone開発関係者によるトークショーを開催

Putting Your Finger On It: Creating the iPhone

Putting Your Finger On It: Creating the iPhone

2017年6月20日に、Computer History Museumがイベント「Putting Your Finger On It: Creating the iPhone」を開催しました。

このイベントには、元AppleのiOSソフトウェア担当シニアヴァイスプレジデントScott Forstall氏、元AppleのiOSアプリケーションエンジニアリング担当ディレクターNitin Ganatra氏、元AppleのiPhoneハードウェア担当マネージャーHugo Fiennes氏、元Appleのソフトウェアエンジニアリング担当マネージャーScott Herz氏が参加しています。

イベントは前後合わせて2時間にも及び、前半は3人のエンジニアが、後半はScott Forstall氏との対談となっています。


Putting Your Finger On It: Creating the iPhone

Putting Your Finger On It: Creating the iPhone

Scott Forstall氏は、Steve Jobs氏がMicrosoftの幹部を嫌っていたそうで、その幹部が、当時Microsoftが開発していた、スタイラスペンを使う事を前提としたタブレットプラットフォームを示しながら「世界を支配する」と発言し、Steve Jobs氏は、それに対抗するため、Apple独自のソリューションで挑戦することになり、後のiPhone開発の元になる「Project Purple」が始まったそうです。

iPhoneのコンセプトは、Steve Jobs氏とScott Forstall氏がランチで一緒になり、当時主流だった不格好なBlackBerryをお互いに嫌いで、回りを見回すと、それを使っている人が多かったそうです。

そこで、Steve Jobs氏から、ポケットに納まるサイズで、マルチタッチのデモが出来るか?と尋ねられ、それによってiPhoneの最初のビジョンが出来たそうです。

Scott Forstall氏は、Cingular Wireles(後のAT&T)のStan Sigman CEOなどにiPhoneのデモを行ったそうで、それが、後に初代iPhone発売時に、AT&Tが18ヶ月の端末独占供給契約を受ける元になっているようです。


関連エントリー
WSJ:Scott Forstall氏が辞職したのは、マップ問題の謝罪文に署名することを拒んだことが原因?
Apple、エグゼクティブメンバーの組織変更を発表、Scott Forstall氏、John Browett氏は退職



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事