NEWS

Tim Cook CEO、Accessibility Awareness Dayに合わせアクセシビリティに取り組むYouTuberらのインタビューを受ける

Tim Cook CEOが、5月21日のデジタル(Web、ソフトウェア、モバイルなど)のアクセシビリティとさまざまな障害のあるユーザーについて考える日「Global Accessibility Awareness Day」(GAAD)に合わせ、アクセシビリティに取り組むYouTuberのJames Rath氏、Tatianaさん、Rikki PoynterさんをApple本社に招待し、個別インタビューを受けています。

そのインタビューがYouTubeにて公開されています。


James Rath氏は「Appleが、アクセシビリティ研究や開発に多額の資金を投入し、それによって得るのは何か?」という本質的な質問を投げかけると、Tim Cook CEOは「アクセスは人間の権利であり、Appleは、人々の生活を変える製品を、全ての人々が使えるようにしたいと考えており、こうした研究によって何かしらのリターンを求めてはおらず、それは20年間変わってはいない」と述べています。







関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事