NEWS

東京地方裁判所、Appleとサムスンの特許訴訟で、サムスンの特許侵害を認めずAppleの訴えを退ける

アップルインコーポレイテッドが、日本サムスンとサムスンテレコムジャパンを相手取り、2011年8月23日に訴えを起こした事件番号「23(ワ)27941」の訴訟について、東京地方裁判所(東海林 保裁判長、田中孝一裁判官、足立拓人裁判官)は、サムスンによる特許権の侵害を認めず、Appleの訴えを退ける判決を言い渡しました

Appleの主張は、特許第4204977号「メディアプレーヤーのためのインテリジェントなシンクロ操作」について、サムスンのGalaxy S、Galaxy S2、Galaxy Tab 7がこの特許を侵害しているという内容でしたが、東海林裁判長は「サムスンの採用している方法は、Appleの発明した技術の範囲には入らない」と述べ、特許権の侵害は認められないとしています。


Tokyo District Court rejected the Samsung's patent violations lawsuit, which was charge by Apple

Tokyo District Court (judge Ko-ichi Tanaka, Takuto Adachi and head judge Tamotsu Sho-ji) judged Samsung did not violate against patent lawsuit "23(ワ) 2794", which was charged in 23th August 2011 by Apple Incorporated against Samsun Japan and Samsung telecom Japan.

Apple sued Samsung as Galaxy X, S2 and Tab 7 violating Apple's patent 4204977 "Intelligent operation with synchronizing (music or video) for media player", but head judge Sho-ji told "Samsung's processing did not infringe Apple's invention", and judged Samsung did not violate Apple's patent.


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事