NEWS

PC Online:マイクロン ジャパン、SATA 6Gb/s対応SSDは「Crucial m4SSD」の名称で3月発売

RealSSD C400

RealSSD C400

PC Onlineが、マイクロン ジャパンのMicron TechnologyクライアントSSDグループのゼネラルマネジャー、ジャスティン・サイクス氏へのインタビューを掲載しています。

それによると、一般消費者向けに、SATA 6Gb/s対応SSDは「Crucial m4SSD」の名称で、厚さ9.5mmの2.5インチのみ出荷され、ラインアップは64G/128G/256G/512GBの4種類となるそうで、発売は3月からになるそうです。

耐久性を示すTBWは、64GBモデルを除き、72TBと従来モデルのC300と同じだそうで、読み出し速度は415MB/秒、書き出し速度は512GB/256GBが260MB/秒、128GBが175MB/秒だそうです。

アメリカでは、64GBモデルが100ドル前後、128GBが210ドル、256GBが425ドル、512GBが825ドルで発売される予定なので、日本で発売開始された時は、かなり人気が出そうです。

特に、MacBook Pro (Early 2011) シリーズでは、SATA 6Gb/sに対応しているため、パフォーマンスの向上が期待で来ます。

関連エントリー:Micron Technology、リード最大415MB/sec、最大512GBのSSDドライブ「RealSSD C400」を発表



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事