ネットワーク

NTTドコモ、802.11acとCAに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-02G」を発表

Wi-Fi STATION HW-02G

Wi-Fi STATION HW-02G

NTTドコモが、IEEE 802.11acや、キャリアアグリゲーションに対応し、LTE-Advancedによる受信時最大225Mbpsの高速データ通信に対応した、Huawei Technologies製Wi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-02G」(16,800円)を、2015年2月に発売すると発表しています。

WAN側/LAN側共にIEEE802.11acに対応し、2×2 MIMOをサポートしています。

キャリアアグリゲーションは「2GHz+1.5GHz」または「1.7GHz+800MHz」の2つの組み合わせに対応しています。


固定有線WAN/LANをサポートしたクレードルが付属しています。

クレードルにセットすると自動的に高出力Wi-Fi送信に切り替わります。

クレドール接続時のWi-Fi通信は2.4GHzのみとなりますが、同時接続端末数が、10台から20台にアップします。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事