ネットワーク

プラネックス、小型無線LANルータ「GW-MF54G2」を試す

GW-MF54G2

GW-MF54G2

T・ZONE4周年記念大特価商品として、特価販売していたプラネックスコミュニケーションズの小型無線LANルータ「GW-MF54G2」をホテルなどで使用する目的で購入してみました。


本体を手の上に乗せてみた画像からわかるように、非常に小さいことが確認できると思います。

アンテナを外付けにした事で、ロジテックのLAN-PWG/APRより小さく感じます。


付属品に関してですが、LANケーブルが1mなのに対し、ACアダプタの電源コードは2m近くあります。

背面に、LANポートとACアダプタコネクタ、リセット穴があります。この背面の画像から見てわかるように、本体の高さは、LANポートに必要な高さに合わせて設計されたことがわかります。


本体の側面には「アクセスポイントモード」(AP)、「ルータモード」(Router)、「コンバータモード」(Converter)をスイッチで切換えられるようになっています。

通常の無線LANルータは、ルータ内にインターネットブラウザでアクセスして設定を切換えるのが一般的だと思いますが、このGW-MF54G2は、ハード的なスイッチで切替出来るようになっています。

ホテルのLAN環境の状態で、繋がらないとき、このスイッチを切替するだけで、ほぼ対応出来るように思います。これは、とても便利ですね。


電源を入れると、アクセスポイント名「PCI」がAirMacとして認識されます。

デフォルトの設定は、DHCPの範囲が「192.168.1.100〜192.168.1.200」で設定されています。


ルーター設定を変更するには、インターネットブラウザから「192.168.1.1」でアクセスして変更します。

デフォルトでは、セキュリティ無し状態なので、セキュリティをONにする場合は、ここから変更します。


BNRスピードテスト

BNRスピードテスト

最後に、無線LANの性能を計測してみました。

フレッツ光のルーターの下に、通常自宅で使用している、バッファローの「WHR-HP-G54」と「GW-MF54G2」をぶら下げ、BNRスピードテストを使って計測してみました。

WHR-HP-G54に対して、約6割程度の性能のようです。メインで使用するには力不足ですが、出張先で使用する分には問題ないように思います。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事