Mac

Mac Studio (2022) をチェック

Mac Studio (2022)

Mac Studio (2022)

Appleが、2022年3月18日から販売を開始する新型Mac「Mac Studio (2022)」をチェックしてみました。

Apple M1 MaxチップまたはApple M1 Ultraチップが搭載されています。

幅と奥行きはMac mini (M1, 2020)と同じ19.7 cm x 19.7 cmで、高さはMac mini (M1, 2020)よりも5.9 cm高い9.5 cmとなります。


Mac Studio (2022):前面

Mac Studio (2022):前面

Mac Studio (2022)の前面には、SDXCカードスロット(UHS‑II)が装備されています。

また、M1 MaxモデルはUSB 3.1 Gen 2仕様のUSB-Cポート(最大10Gb/s) x 2、M1 UltraモデルはThunderbolt 4/USB 4(最大40Gb/s)ポート x 2が装備されています。


Mac Studio (2022):背面

Mac Studio (2022):背面

Mac Studio (2022)の背面には、Thunderbolt 4/USB 4(最大40Gb/s)ポート x 4、10Gb Ethernet RJ45ポート、3Pタイプの電源コネクタ、USB-A(最大5Gb/s)ポート x 2、HDMI 2.0ポート、3.5mmヘッドフォンジャック、電源ボタンが装備されています。

Mac mini (M1, 2020)の背面のポート回りは、黒いポートカバーが装備されていますが、Mac Studio (2022)は筐体削り出しによるポートホールが設けられています。


Mac Studio (2022):底面

Mac Studio (2022):底面

Mac Studio (2022)の底面には、Mac mini (M1, 2020)にはない排熱システム用の空気を取り込むパンチングホールが、背面カバーの回りに円を描くようにデザインされています。

また、セキュリティスロットが1つ用意されています。


Mac Studio (2022):電源コード

Mac Studio (2022):電源コード

Mac Studio (2022)には太い編込ケーブルを採用した3Pタイプの電源コードが付属しています。

コンセント部分は、アメリカで販売されるモデルは3ピンプラグ形式ですが、日本で販売されるMac Studio (2022)にはアースケーブル付き2ピンプラグ形式の電源コードが付属します。

Mac Studio (2022)の最大消費電力(連続使用時)は370Wで、Mac mini (M1, 2020)の150Wと比べ倍以上となります。


Mac Studio (2022)とApple Studio Display

Mac Studio (2022)とApple Studio Display

新型27インチ5Kディスプレイの傾きを調整できるスタンド搭載モデル「Apple Studio Display」のディスプレイ下にMac Studio (2022)を配置してみました。

Apple Studio Displayのディスプレイ底面に当たることがない、余裕を持った高さで設計されているようです。


Mac Studio (2022)/Apple Studio Display/Apple Pro Display XDR

Mac Studio (2022)/Apple Studio Display/Apple Pro Display XDR

Mac Studio (2022)にApple Studio DisplayとApple Pro Display XDRを接続してみました。

Mac Studio (2022)は、USB-C経由で最大4台のPro Display XDR(6K解像度、60Hz、10億色以上)と、HDMI経由で1台の4Kディスプレイ(4K解像度、60Hz、10億色以上)の最大5台のディスプレイを同時サポートしています。


Mac Studio (2022):カードリーダー仕様

Mac Studio (2022):カードリーダー仕様

システム情報でMac Studio (2022)のカードリーダー仕様を確認したところ、内蔵SDカードリーダーは、MacBook Pro (14-inch, 2021)/M1 Maxのリンク幅はx1、リンク速度は2.5GT/s(250MB/s)と比べ、リンク幅はx1、リンク速度は5GT/s(500MB/s)とリンク速度がアップしていました。


Mac Studio (2022):Broadcom BCM4387

Mac Studio (2022):Broadcom BCM4387

システム情報でMac Studio (2022)のWi-Fi/Bluetooth SoCを確認したところ、iPhone 13やMacBook Pro (2021)と同じ「Broadcom BCM4387」が採用されていました。


Mac Studio (2022):Apple AQC113

Mac Studio (2022):Apple AQC113

システム情報でMac Studio (2022)の10Gb Ethernetコントローラーを確認したところ、Marvell製のApple専用PCIe接続「Apple AQC113」コントローラが採用されていました。

Apple Studio Displayがネットワーク接続用ダウンストリームUSB-Cポートを装備しているため、Apple Studio Displayが Ethernetデバイスとして認識されていました。


Mac Studio (2022):APPLE SSD AP2048R

Mac Studio (2022):APPLE SSD AP2048R

Mac Studio (2022)/M1 Max/64GB/2TB SSDのCTOモデルのSSDは、MacBook Pro (2021)/M1 Maxモデルの2TB SSDと同じ「APPLE SSD AP2048R」が搭載されていました。


Mac Studio (2022):USB

Mac Studio (2022):USB

システム情報でMac Studio (2022)/M1 MaxモデルのUSB仕様を確認したところ、M1 MaxのThunderbolt 4コントローラに加えて、前面のUSB 3.1 Gen 2仕様のUSB-Cポート(最大10Gb/s) x 2、背面のUSB-A(最大5Gb/s)ポート x 2用に、ASMedia TechnologyのUSBホストコントローラー「ASMedia ASM3142」が使用されていました。


Blackmagic Disk Speed Test

Blackmagic Disk Speed Test

Blackmagic Disk Speed Testを使用して、内蔵ストーレジ性能を計測してみました。

結果は「Write:4560MB/s、Read:5335MB/s」でした。

Mac mini (M1, 2020)の内蔵ストレージ性能は「Write:2213MB/s、Read:2877MB/s」でしたので、約2倍の性能があります。


執筆:大石結花



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事