Mac

The Verge:Apple 140W USB-C電源アダプタはUSB PD 3.1規格準拠で初のGaN採用製品

Apple USB-C - MagSafe 3ケーブル/Apple 140W USB-C電源アダプタ

Apple USB-C - MagSafe 3ケーブル/Apple 140W USB-C電源アダプタ

The Vergeが、Appleの最大出力140W USB-C接続電源アダプタ「Apple 140W USB-C電源アダプタ」は、USB Promoter Groupが5月に発表したUSBデバイスにおける電源供給規格「USB Power Delivery Revision 3.1」(USB PD 3.1)に準拠した製品だと確認したと伝えています。

また、Appleは、この製品が同社初の窒化ガリウム(GaN)充電器であると説明し、、MacBook Pro (16-inch, 2021)を140W給電するためには、Apple USB-C - MagSafe 3ケーブルが必要だと説明したそうです。

また、MagSafe 3のコネクタに使用されている磁石は、前世代よりも強力になっているそうです。


USB Fast Charger

USB Fast Charger

100Wを超える電源供給を行う場合、電源、ケーブル、電源入力デバイスの全てが、USB Promoter Groupが同じく規格化したUSB Type-Cケーブル&コネクター Revision 2.1の電気的に50Vまで耐えられる仕様「USB PD Extended Power Range (EPR)」をサポートする必要があり、Thunderbolt 4ケーブルはUSB PD 3.0仕様のため、電源供給能力が最大100W(20V/5A)となっているため、140W給電はサポートされていません。

140W以下のワット数の充電器でもMacBook Proに電力供給することはできますが、Appleによると、充電速度が遅くなったり、供給される電力よりもMacBook Proが多くの電力を使用している場合には、電力の消耗が激しくなる可能性があると説明したそうです。

USB-C PD 3.1規格を採用したことは、同じ電力供給規格を採用している他の機器との相互互換性があることを意味し、また、MacBookユーザーは、互換性のあるサードパーティ製の電源アダプタを新しいMacBookに使用できるという柔軟性も備えています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事