Mac

iMac Pro (2017):起動セキュリティユーティリティについて

macOSユーティリティ

macOSユーティリティ

iMac Pro (2017)は、システム管理コントローラ、画像信号プロセッサ、オーディオコントローラ、SSDコントローラなど、ほかのMacシステムに搭載されている様々なコントローラを再設計して統合した「T2」チップが採用されています。

新しい暗号化されたストレージとセキュアブート機能の基盤となるSecure Enclaveコプロセッサも組み込まれているので、iMac Proのセキュリティが一段と強固なものとなっています。


起動セキュリティユーティリティ

起動セキュリティユーティリティ

iMac Pro (2017)の電源を入れて、Appleロゴマークが表示されたら「Command (⌘)-R」キーを押し続けると「macOSユーティリティ」が表示されます。

メニューから、ユーティリティ>起動セキュリティユーティリティを選択します。


起動セキュリティユーティリティ

起動セキュリティユーティリティ

起動セキュリティユーティリティをクリックすると、管理者のユーザー名とパスワードが必要になります。

それが無いと、安全な起動項目と、外部起動の許可などの変更は出来ません。


起動セキュリティユーティリティ

起動セキュリティユーティリティ

起動セキュリティユーティリティでは、Appleから信頼された署名入りのmacOSのみ実行可能な「完全なセキュリティ」、ネットワーク接続を必要とせず、Appleから信頼された署名入りのmacOSで起動可能なバージョンを実行できる「中程度のセキュリティ」、起動可能なOSに条件を必要としない「セキュリティなし」の3パターンが選択出来ます。

また、外部起動も「外部メディアからの起動を許可しない」「外部メディアからの起動を許可」の2パターンが選択できます。


写真:Macお宝鑑定団 江東支部


Appleサポート情報
iMac Pro の暗号化について
「安全な起動」について
起動セキュリティユーティリティについて
iMac Pro (2017) では EFI ROM の音は鳴りません。
iMac Pro は、ネットワークボリュームからの起動に対応していません。
iMac Pro の起動中やアップデート中にディスプレイが暗くなる場合


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事