Mac OS X

Mac OS X Snow Leopardのインストール・プロセスの変更と強化点

Mac OS X Snow Leopard

Mac OS X Snow Leopard

AppleInsiderが、「Sources detail changes to Snow Leopard installation process」を掲載し、ゴールデンマスターとされるMac OS X Snow Leopard build 10A432でわかったインストール・プロセスの変更と強化点について伝えています。



  • RosettaとQuicktime 7はオプションインストール(基本はQuickTime X)
  • 「消去してからインストール」と「アーカイブしてからインストール」のオプションが無くなり、アーカイブしてからインストールが基本となる
  • Mac OS X Snow Leopardを再インストールする場合、すでにMac OS X Snow Leopardの最新版(10.6.1等)がインスールされてる場合、その最新アップデータ項目を上書きしない
  • 再インスール時に作成されていたPrevious Systemが無くなった
  • Mac OS X Snow Leopardと互換性のないプログラムは「互換性のないソフトウェア」フォルダに移動される
  • インストール時にハードディスクチェックでS.M.A.R.T.エラーが報告された場合インストール出来ない
  • インストール時にDVD上のデーターをハードディスクに展開して速度を稼ぎ、インストール終了後は消去される


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事