Mac OS X

Apple、安定性や互換性を改善した「OS X Yosemite 10.10.2アップデート」を配布開始

OS X Yosemite 10.10.2アップデート

OS X Yosemite 10.10.2アップデート

Appleが、Mac App Store経由で、安定性や互換性を改善した「OS X Yosemite 10.10.2アップデート」を配布開始しています。

このアップデートには以下の修正点が含まれています。


・Wi-Fiが接続解除される問題が解決されます
・Web ページの読み込みが遅くなる問題が解決されます
・"メール"の環境設定でリモートコンテンツの読む込みを無効にした場合、Spotlight ではメールのリモートコンテンツが読み込まれてしまう問題が修正されます
・Bluetooth ヘッドフォンを使用しているときのオーディオとビデオの同期が改善されます
・Time Machine で iCloud Drive をブラウズする機能が追加されます
・VoiceOver 読み上げのパフォーマンスが向上します
・Web ページでテキストを入力するときに VoiceOver が文字をエコーする問題が解決されます
・入力プログラムの言語が突然切り替わる問題が解決されます
・Safari の安定性とセキュリティが向上します(Safari 8.0.3)
・セキュリティアップデート(参照

法人のお客様向けの修正点

・Finderで、DFSシェアブラウジングのパフォーマンスを改善
・特定のカレンダー招待で、誤った時刻表示される問題を修正
・ユーザーからカレンダーへの招待を受け入れるとき、Microsoft Exchangeアカウントで、ミーティングのオーガナイザーが通知されない場合がある問題を修正
・サイトにアクセスする場合、NTLM認証によって保護した時、Safariが証明書のために絶えず促す問題を改善
・Microsoft Exchangeアカウントに、メールで「自動応答 (不在時)」返信日付を設定する機能を追加



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事