iPhone App Store

Adobe、拡張現実作成アプリ「Adobe Aero」をリリース

Adobe Aero

Adobe Aero

Adobeが、iPhone/iPad用拡張現実作成アプリ「Adobe Aero」を、App Storeにて配布を開始しています。

デザイナーはAdobe Photoshop CCやDimension CCなど、すでに使い慣れたツールを使ってAR対応コンテンツを制作できます。物理スペースの中でレイアウトしたりデザインを操作したりできるため、AR制作がよりスムーズかつ直感的に行えます。


iOS 13.1以降がインストールされた、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxと、iPadOS 13.2以降がインストールされた、iPad Pro(Wi-Fi、Wi-Fi + Cellular)、iPad Pro 12.9-inch (3rd generation)、iPad Pro (11-inch)、iPad mini (5th Generation)、iPad Air (3rd generation)で利用可能です。


Adobe Aero

Adobe Aero

ARデザインアプリのAdobe Aeroでは、没入感のあるインタラクティブなユーザー体験を創造できます。

プログラミングや3Dデザインの経験は必要なし。手元にあるアセットで、すぐにAR体験を作成できます。


Adobe Aero

Adobe Aero

開発者の手を借りることなくインタラクティブなユーザー体験を作成できます。

コンテンツに動作を適用したり、モーションを追加したりできます。

開発は元Mixamoチームが中心となって行われていると考えられます。


関連エントリー
アドビ、クリエイターの祭典「Adobe MAX Japan 2018」を開催
Adobe MAX 2018:Adobe + Apple Special Event 2018 レポート
Apple、WWDC2018セッション「2018 Platforms State of the Union」を公開



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事