iPhone App Store

顔にマスクを被せられるTrueDepthカメラ用フェースマッピングアプリ「Face Play」を試す

Face Play - The Mask Creator

Face Play - The Mask Creator

Philip Broderが、iPhone X用フェースマッピングアプリ「Face Play - The Mask Creator」を、App Storeにて無料配布を開始していたので試してみました。

TrueDepthカメラで読み取った顔情報に、ARKitで作成したテクスチャーマスクをマッピングし、顔の動きに追随可能にしたアプリです。

マッピングされた顔のまま動画撮影が可能で、iPhone Xをランドスケープモードにしても使用することが出来ます。


Face Play - The Mask Creator

Face Play - The Mask Creator

アプリを起動するとTrueDepthカメラで顔の撮影が開始されます。

masksボタンをタップすると、顔にテクスチャーマップが顔に立体的に貼付けられます。

顔を動かしたり、目や口を動かしたりしても、その動きに追随します。

テクスチャーパターンを変えることで、色々な顔の表情を作ることができます。


Face Play - The Mask Creator

Face Play - The Mask Creator

plot masksとanimボタンをタップすると、ドットパターンが顔の動きに合わせて表示されます。

TrueDepthカメラは50以上の異なる筋肉の動きを解析しますが、その解析結果を簡易的に見ることが出来ます。

ドットパターンは複数用意されています。


Face Play - The Mask Creator

Face Play - The Mask Creator

+ボタンをタップすると、お気に入りのスターの顔写真や、お気に入りのデザインテクスチャーを追加して、任意のフェースマッピング撮影を行うことも可能です。

アプリ内課金することで、広告表示を消すことが出来ます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事