iPhone App Store

クラウドストレージアプリ「Supersize Me - ZumoDrive」を試す

Supersize Me - ZumoDrive

Supersize Me - ZumoDrive

Zecter Incが、iPhone/iPod touch用クラウドストレージアプリ「Supersize Me - ZumoDrive」を、App Storeにて無料配付を開始していたので試してみました。

今までは招待制のサービスでしたが、iPhoneアプリをリリースしたことにより、一般登録が可能になったようです。


こうしたサービスとしてDropboxが有名ですが、ZumoDriveは、ローカルディスクをキャッシュとしてしか扱わないという点で、ネットボックPCを意識している気がします。クラウド上にある全てのファイルを同期させたければDropboxを、必要になったファイルだけと用途を特定する場合はZumoDriveが良いような気がします。

共有アカウントに、第三者のアカウントを追加すれば、共有オンラインストレージとしても使用することが可能になっています。

まず、ZumoDriveのサイトでアカウントを作成します。

1GBまでは無料で利用することが可能ですが、月額料金を支払えば、さらに大きなデータ容量を利用することが可能です。


Mac OS X用のクライアントとして、ZumoDrive for Mac OS Xがリリースされていて、これをインストールすれば、あたかもUSBフラッシュメモリーのごとく使用することが可能で、iTunesライブラリとの同期も行なう事が出来ます。

また、Safari上からもファイルのアップロード/ダウンロードや、閲覧することが可能になっています。

Musicフォルダは、ストリーミング再生用途、PicuresフォルダはWebアルバム用途と目的が決まっているフォルダになっています。

Picuresフォルダは、Flashを使用した専用のフォトブラウザが起動する仕組みが組み込まれています。


iPhoneアプリでアカウントを設定すると、ファイルフォルダが表示されます。

Documentsには、iPhone OSが対応しているファイル形式であれば、プレビューすることができます。


Musicは、ZumoDriveのMusicフォルダにある音楽ファイルをストリーミング再生することが出来ます。


Picuresは、ZumoDriveのPicuresフォルダにある画像ファイルをタイル表示で一覧表示してくれます。

任意の画像をタップすると、さらに大きなサイズでプレビュー表示してくれます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事