iPhone

大日本住友製薬、MR情報対応力強化のため、2,000台のiPhone 4を導入

大日本住友製薬が、同社の営業本部社員に対して、iPhone 4を2,000台導入すると発表しています。

現在MR 等に配布しているモバイルPC に加えて、起動性が高いiPhone を導入することにより、MR の情報対応力を高め、安全性情報などの医薬情報をより迅速、的確に医療関係者に提供することで、顧客満足度向上を目指すと説明しています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事