iPhone

コニット、iPhone/iPod touch向けのコンテンツ課金ソリューションを販売開始

コニットが、iPhoneOS3.0以降で実装されたコンテンツ課金システムをパッケージ化し「iPhone用コンテンツ課金ソリューション」として販売開始したと発表しています。

iPhone用コンテンツ課金ソリューションの主な特長は以下の通りだそうです。

・iPhoneの複雑なコンテンツ課金システム周りをパッケージ

コニットの『iPhone用コンテンツ課金ソリューション』は、iPhoneにてコンテンツ課金を実装する時に新たに開発が必要となるモジュールを、サーバサイド、クライアント(iPhone)サイドにて準備したもの。

・スピーディな導入を実現

これから新たにiPhoneのアプリケーションや各種デジタルコンテンツの配信においてコンテンツ課金の実装を予定しているクライアント様に対し、速やかなコンテンツ課金パッケージの導入を実現し、また、過去にリリースしたアプリケーションのバージョンアップ時におけるコンテンツ課金への対応も、本パッケージを導入することで簡単に実現可能。

・導入までワンストップで実装

本ソリューションは、サーバサイド・クライアントサイド両方への導入を、コニットの選任エンジニアが全てワンストップで実装する。

初期導入費用40万円〜/アプリケーション毎10万円〜


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事