iPhone

British GQ:Apple幹部、iPhone 13シリーズのカメラ開発について語る

British GQ

British GQ

British GQが、Appleのカメラソフトウェアエンジニアリング担当ヴァイスプレジデントJon McCormack氏、カメラ&デプスハードウェアエンジニアリング担当ヴァイスプレジデントGraham Townsend氏、ワールドワイドプロダクトマーケティング担当ヴァイスプレジデントKaiann Drance氏へのインタビューを掲載しています。

McCormack氏とTownsend氏は、800人以上のエンジニアやその他のスペシャリストからなる報告チームを率いて、完璧な写真を追求し続けています。


Townsend氏は「計画は約3年前から始めなければなりません。それは、実際にシリコンの仕様を確定する時期だからです。例えば、センサーはその時点で決定され、A15 Bionicプロセッサも凍結されます。この時点で、Jonと話し合い、私たちが望む体験を予測しなければなりません。新しい超広角レンズを設計したとき、明らかにマクロ写真を提供しようとしていた。」と語っています。

iPhone 13のカメラには、より多くの光を取り込むための大きなピクセルと広い開口部、手ぶれを防ぐための光学式手ぶれ補正機能の向上など、さまざまな高度な技術的改良が施されていますが、それは話の半分にすぎず、実際に重要なのは 人々がそれを使って何をするかが重要だと話しています。

Drance氏は「訓練を受けた写真家ではなく、ただ写真を撮るのが好きな人にとって、どうすれば本当に使いやすくなるのか、ということに常にこだわってきました。」と話しています。

McCormack氏は、シネマティックモードについて「iPhone 13シリーズでは、タッチパネルを数回タップするだけでラックフォーカスが可能になりました。iPhoneのポートレートカメラモードでは、1枚の写真を使って同様の処理を行っていますが、A15 Bionicチップを搭載したことで、Appleはこの技術をリアルタイムで実現しました。風の強い道が多く、長いプロセスでしたが、多くの深遠なものと同様、時間がかかりました。」と語っています。

Appleは、2030年までにカーボンニュートラルを達成することを公約に掲げているが、その取り組みの一つとして、iPhone 13シリーズは、リサイクルされたスズ、タングステン、レアアースを組み合わせて使用し、iPhone 13シリーズのアンテナラインには、リサイクルされた水のボトルを使用していて、その強度を高めるために新しいプロセスを開発したそうです。

Townsend氏は「カメラの設計は非常に複雑なプロセスを必要としていて、考えてみれば、レンズガラス、センサー、配線、そしてセンサーシフトによる手ぶれ補正などの可動部品が、1.5cmほどの島に詰め込まれているのですから。これらの部品を地球に優しいものに交換するには、短期的には一般の人には気づかれず、長期的には部品の耐久性を犠牲にしない方法で行う必要があります。これはとても大変なことであり、重要な課題だ。と語っています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事