iPhone

iPhone 5sのTouch ID センサーは、基板とペアリグし、別のTouch ID センサーだと効かない仕組みの可能性あり

アイラボファクトリーの報告によると、iPhone 5sのデジタイザーを、別のiPhone 5sのデジタイザーと入れ替えた場合、パスコードと指紋認証の設定が使用出来なくなるそうです。


Touch ID センサーユニットを移植すると有効に働くことから、Touch ID センサーと本体内の基板がペアリングされていて、異なるTouch ID センサーが接続されたと認識されると、機能が効かない仕組みになっているのではないかと考えられるそうです。


The Touch ID sensor of iPhone 5s, then pairing a substrate, there is the possibility of a mechanism that does not work it's Touch ID sensor to another.

It was reported that it became impossible to use the setting of pass cord and the fingerprint authentication when the digitizer of iPhone 5s was replaced with other digitizers according to the iLab factory.

Whether it is a mechanism that the function is not effective when the substrate in the Touch ID sensor and the main body recognizes that the pairing is done, and a different Touch ID sensor was connected from working effectively when the Touch ID sensor unit is transplanted is considered.


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事