iPad

iPad Air (5th generation) をチェック

iPad Air (5th generation)

iPad Air (5th generation)

Appleが、2022年3月18日から販売を開始する、M1チップを搭載した「iPad Air (5th generation)」をチェックしてみました。

IPSテクノロジー搭載10.9インチLiquid Retinaディスプレイ(対角)LEDバックライトMulti-Touchディスプレイは、2,360 x 1,640ピクセル解像度、264ppi仕様となっています。

Touch IDも継続採用となります。


iPad Air (5th generation)

iPad Air (5th generation)

iPad Air (4th generation)筐体デザインを継続採用し、ブルー、スペースグレイ、スターライト、パープル、ピンクの5色がラインアップされています。

背面に「iPad Air」との表記がされるようになっています。

高さと幅はiPad Pro 11-inch (2nd generation)、iPad Air (4th generation)と同じため「11インチiPad Pro(第3世代)・iPad Air(第5世代)用Smart Keyboard Folio - 日本語」が継続使用できます。

本体の厚みはiPad Air (3rd generation)から変わらない6.1mmとなります。


iPad Air(第5世代)用Magic Keyboard

iPad Air(第5世代)用Magic Keyboard

iPad Air (4th generation)で使用可能な「iPad Air(第5世代)用Smart Folio」「11インチiPad Pro(第3世代)・iPad Air(第5世代)用Magic Keyboard」も利用可能です。

また「Apple Pencil(第2世代)」も継続して使用可能です。


iPad Air (5th generation):USB-Cポート

iPad Air (5th generation):USB-Cポート

iPad Air (4th generation)と同様のUSB-Cコネクタ接続は同じですが、iPad Air (4th generation)がUSB 3.1 Gen 1(最大5Gb/s)仕様だったのに対して、iPad Air (5th generation)はUSB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)仕様へと向上しています。

なお、同じM1チップを搭載したiPad Pro 12.9-inch (5th generation)、iPad Pro 11-inch (3rd generation)は、Thunderbolt 3/USB 4(最大40Gb/s)仕様となります。


iPad Air (5th generation):背面カメラ

iPad Air (5th generation):背面カメラ

iPad Air (5th generation)の背面カメラは、iPad Air (4th generation)と同じ12MP広角カメラ、ƒ/1.8絞り値、5枚構成レンズ仕様となります。

最大5倍のデジタルズーム、スマートHDR 3、自動手ぶれ補正、バーストモードなど継続採用されています。

iPad Air (4th generation)と比較して、映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K)、1080p HDビデオ撮影(25fps)、ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)が追加されています。


iPad Air (5th generation):前面カメラ

iPad Air (5th generation):前面カメラ

iPad Air (5th generation)の前面カメラは、iPad (9th generation)、iPad mini (6th Generation)と同じ12MP超広角フロントカメラ、122°視野角仕様に変更されています。

iPad Air (4th generation)と比較して、スマートHDR 3、1080p HDビデオ撮影(25fps、30fp)、手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ、ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)、映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)、レンズ補正など大幅に機能が追加されています。

iPad Air (4th generation)の前面カメラは、7MPカメラ、ƒ/2.2絞り値だったので、センサーサイズはアップし、絞り値はƒ/2.4絞り値へと大きくなっています。


iPad Air (5th generation):センターフレーム

iPad Air (5th generation):センターフレーム

iPad Air (5th generation)は、機械学習能力を使って前面の超広角カメラを調整し、動き回っても、自分やほかのユーザを常にフレーム内に収めてくれる「センターフレーム」に対応しています。

iPad Air (4th generation)は非対応でした。

センターフレームは、画面の右上から下にスワイプしてコントロールセンターを開き、エフェクト」ボタン をタップ「センターフレーム」ボタン をタップしてオン/オフを切り替えることが可能です。


iPad Air (5th generation):5G

iPad Air (5th generation):5G

iPad Air (5th generation) with Wi-Fi + Cellularモデルは、5G(sub-6 GHz)に対応しています。

なお、ワールドワイドでミリ波(mmWave)には非対応となります。


iPad Air (5th generation):Touch ID

iPad Air (5th generation):Touch ID

iPad Air (4th generation)と同じ、Touch IDセンサーを内蔵したトップボタンが搭載されています。

iPad Air (5th generation)のトップボタンは、iPad Air (4th generation)と同じ長さ17.12mm、幅4mmとなります。

トップ部分のサファイヤガラスも継続採用されています。


iPad Air (5th generation):同梱品

iPad Air (5th generation):同梱品

iPad Air (5th generation)の同梱品は、iPad Air (4th generation)と同じ「Apple 20W USB-C電源アダプタ」「Apple USB-C充電ケーブル(1m)」となります。


iPad Air (5th generation):壁紙

iPad Air (5th generation):壁紙

iPad Air (5th generation)には、専用の静止画壁紙が含まれています。

ブルー、スペースグレイ、スターライト、パープル、ピンクの5色に合わせた5種類となります。


執筆:大石結花



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事